コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高木東六 たかぎ とうろく

2件 の用語解説(高木東六の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高木東六 たかぎ-とうろく

1904-2006 昭和-平成時代の作曲家。
明治37年7月7日生まれ。東京音楽学校(現東京芸大)を中退,昭和3年フランスに留学し,パリのスコラ-カントルムを卒業。パリをおとずれた山田耕筰にすすめられ,作曲家をこころざす。帰国後,クラシック,シャンソンを作曲,25年唯一のポピュラー曲「水色のワルツ」が大ヒットした。歌謡曲嫌いで有名だった。平成18年8月25日死去。102歳。鳥取県出身。作品はほかに軍歌「空の神兵」,オペラ唐人お吉」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高木東六
たかぎとうろく
(1904―2006)

作曲家、ピアノ奏者。鳥取県生まれ。1923年(大正12)に東京音楽学校(現在の東京芸術大学)を中退して渡仏、パリ国立音楽院スコラ・カントルム音楽院で学び、バンサン・ダンディに作曲を師事。32年(昭和7)に帰国して第1回ピアノ独奏会を開いて以来、フランス近代のピアノ曲の紹介に努めた。以後、作曲のほか、ピアノ奏者および教育者として活動。宝塚歌劇の作曲および指揮を務めるほか、ビクター専属作曲家、シャンソンの専門学校である東京エコール・ド・シャンソンの校長などを歴任。大衆に親しみやすいピアノ曲、歌曲、童謡を作曲し、テレビラジオなどのマスメディアを通しての啓蒙(けいもう)活動、アマチュア合唱団の主宰などにより、クラシック音楽を幅広い聴衆層に普及させた功績は大きい。おもな作品は『朝鮮風舞踊組曲』(1940)、オペラ『春香』(1942~46)、オペラ『唐人お吉』(1981)、日本童謡賞を受賞した『ライオンの子守唄』(1982)など。1950年(昭和25)に大流行した歌謡曲『水色のワルツ』(1948)の作者としても知られている。[楢崎洋子]
『『ぼくの音楽論――とくにお母さんのために』(1968・日本放送出版協会) ▽『シャンソン』(1971・修道社) ▽『ドレミファ談義』(1971・日本経済新聞社) ▽『あなたもメロディーが作れる』(1972・社会思想社) ▽高木東六編『日本童謡集』(1976・成美堂出版) ▽高木東六編『日本民謡集』(1977・成美堂出版) ▽高木東六編著『東六が創った歌のメルヘン93』(1978・ひかりのくに) ▽『愛の夜想曲』(1985・講談社) ▽『とうろくらぷそでい』(中公文庫) ▽高木圀夫著『高木東六ファンタジア――永遠の調べ』(2002・文園社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高木東六の関連キーワード安部幸明磯部俶市川昭介宇野誠一郎佐藤勝芝祐久高田三郎渡久地政信船村徹宮川泰

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高木東六の関連情報