コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高村薫 タカムラカオル

デジタル大辞泉の解説

たかむら‐かおる〔‐かをる〕【高村薫】

[1953~ ]小説家。大阪の生まれ。本名、林みどり。リアリティーに満ちた社会派ミステリーで人気を集める。描写力の確かさに定評があり、映像化された作品も数多い。「マークスの山」で直木賞受賞。他に「黄金を抱いて翔(と)べ」「リヴィエラを撃て」「レディ・ジョーカー」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高村薫 たかむら-かおる

1953- 平成時代の推理作家。
昭和28年2月6日生まれ。貿易商社勤務をへて執筆に専念する。平成2年「黄金を抱いて翔べ」で日本推理サスペンス大賞,5年「リヴィエラを撃て」で日本推理作家協会賞,同年「マークスの山」で直木賞,10年「レディ・ジョーカー」で毎日出版文化賞。18年「新リア王」で親鸞賞。22年「太陽を曳く馬」で読売文学賞。リアリティーのある細部描写と心理描写に定評がある。大阪出身。国際基督教大卒。本名は林みどり。著書はほかに「照柿」「晴子情歌」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高村薫
たかむらかおる
(1953― )

推理作家。大阪市生まれ。本名林みどり。国際基督(キリスト)教大学卒業。貿易商社勤務ののち、金塊強奪計画を描いたデビュー作『黄金を抱いて翔(と)べ』(1990)で日本推理サスペンス大賞を受賞。国際諜報(ちょうほう)小説『リヴィエラを撃て』(1993)で日本推理作家協会賞を受賞。その後、直木賞の受賞作『マークスの山』(1993)や『照柿(てりがき)』(1994)を発表して、新しい社会派ミステリー作家としての地位を確立した。文体も作風も硬質で、女流作家のイメージを連想させないところが、この作家の特徴といえる。大企業の社長誘拐という発端で始まるプロットのなかに、現代社会の暗黒の病巣を力強く描いた大作『レディ・ジョーカー』(1998)でミステリー系の作品としては初めて毎日出版文化賞に輝いた。[厚木 淳]
『『マークスの山』(1993・早川書房) ▽『レディ・ジョーカー』上下(1997・毎日新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高村薫の関連キーワードレディジョーカーわが手に拳銃を西園寺章雄小泉小由理地を這う虫國本鍾建推理小説女流文学梁石日谷広子神の火倉内恵李歐高村

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高村薫の関連情報