コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼首峠 おにこうべとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鬼首峠
おにこうべとうげ

宮城,秋田県境の峠。奥羽山脈を越える鬼首街道 (仙秋サンライン,国道 108号線の一部) が通る。標高約 830m。付近は紅葉の名所。栗駒国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鬼首峠
おにこうべとうげ

宮城県北西部の大崎(おおさき)市鳴子温泉鬼首(なるこおんせんおにこうべ)と秋田県湯沢(ゆざわ)市秋ノ宮の間にある峠。標高820メートル。国道108号が通じるが、冬季は積雪のため通行できない。江戸時代には仙台藩領と秋田藩領とを結ぶ重要なルートであり明治維新後も生活道路の役割を果たしていた。峠を中心とする約13キロメートルは、仙秋サンラインとよばれ、峡谷景観に優れている。[後藤雄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鬼首峠の関連キーワード秋ノ宮温泉郷雄勝[町]神室山地雄勝

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android