コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰺刺 アジサシ

デジタル大辞泉の解説

あじ‐さし〔あぢ‐〕【×鰺刺】

カモメ科アジサシ属の鳥の総称。カモメに比べて体が細い。群れで生活し、水中に突入して魚を捕らえる。アジサシ・コアジサシキョクアジサシなど。 夏》「―の搏(う)ったる嘴(はし)のあやまたず/秋桜子
アジサシ属の鳥の一種。全長約35センチ。頭が黒く、上面は灰色。日本では旅鳥として春・秋に海岸でみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鰺刺 (アジサシ)

学名:Sterna hirundo
動物。カモメ科の渡り鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

鰺刺の関連キーワードアジサシ(鰺刺)アジサシ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android