鰺刺(読み)アジサシ

デジタル大辞泉の解説

あじ‐さし〔あぢ‐〕【×鰺刺】

カモメ科アジサシ属の鳥の総称。カモメに比べて体が細い。群れで生活し、水中に突入して魚を捕らえる。アジサシ・コアジサシキョクアジサシなど。 夏》「―の搏(う)ったる嘴(はし)のあやまたず/秋桜子
アジサシ属の鳥の一種。全長約35センチ。頭が黒く、上面は灰色。日本では旅鳥として春・秋に海岸でみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android