鳥羽作道(読み)とばのつくりみち

百科事典マイペディアの解説

平安京羅城(らじょう)門から真南に走る道で,鳥羽を経てに至る。《徒然草》によると10世紀以前から存在していた。この道を北に延長すると朱雀(すざく)大路(平安京の中心線)に重なることから,遷都以前から存在し,これが平安京の中心線を決定したというもあるが,むしろ造都時に淀津から資材を搬入するために造られた道とみる方が妥当であろう。院政期に鳥羽離宮鳥羽殿)が営まれると,洛中と鳥羽を結ぶ重要な道路となり,鳥羽の西大路とも称された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

平安京朱雀大路南端羅城門から正南方向,洛南鳥羽から淀へ通じていた道路。〈造道〉とも記す。平安遷都以前からの道とみて,これを北へ延長して平安京域の中心線=朱雀大路を定めたとする理解もあるが,むしろ造都以後につくられた道であろう。あるいは造都時に淀川からの物資搬入に使用された,一種産業道路であったともみられる。《徒然》は,〈鳥羽の作り道は,鳥羽殿建てられて後の号(な)にはあらず。古よりの名なり。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android