コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 よど

8件 の用語解説(淀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


よど

京都市伏見区の一地区。古く与等,与杼とも書かれた。市域の南端部,宇治川北岸に位置。旧町名。 1957年京都市に編入。京都競馬場の所在地として知られる。江戸時代には宇治川,木津川,桂川がこの付近で合流し,河川水運の要地であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よど【×淀/×澱】

水の流れが滞ること。また、その所。よどみ。
軒先の広小舞(ひろこまい)の上にある横木。淀貫(よどぬき)。

よど【淀】

京都市伏見区南西部の地名。宇治川桂川木津川の合流点近くにあり、淀川舟運の河港として栄えた。江戸時代は松平・稲葉氏の城下町

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

淀【よど】

京都市伏見区の一地区。桂川と宇治川の合流点付近にある古来の要地で,1587年豊臣秀吉が補修し淀君を住まわせた淀城があり,淀川水運の河港として栄えた。伏見城築城,伏見港開設により衰微。
→関連項目加納藩鳥羽作道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

よど【淀】

京都市伏見区の地名。かつては木津川,宇治川,桂川の三川合流地点,淀川の起点にあたり,山陽・南海両道の諸国貨物の奈良・京都への陸揚港として栄え,淀津(よどのつ)といわれた。現在の淀水垂(みずたれ)町,淀大下津(おおしもづ)町,納所(のうそ)町あたりである。
[古代,中世]
 《日本後紀》は804年(延暦23)桓武天皇の〈与度津〉行幸を記しており,平安京の設置によって重要性が高まったことがわかる。9世紀以降,淀津は山崎津(山城),大津(近江)とともに,畿内の重要港津として検非違使庁の管轄下に入れられ,津政所がおかれ,津刀禰(とね)が現地管理の仕事をしていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よど【淀】

京都市伏見区の一地区。宇治・桂・木津の三川の合流点付近にあり、淀川水運の要港として栄えた。淀城址が残る。近世は稲葉氏の城下町。古来、薦こもやあやめなどを景物として和歌に詠まれた。⦅歌枕⦆ 「山城の-の若薦かりにだに/古今 恋五

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕淀(よど)


京都府京都市伏見区にある地域名。
桂川・宇治川・木津川の合流点付近一帯をさす。住宅地。京阪本線淀駅の東に京都競馬場がある。古くは河港で、淀君(よどぎみ)が住んだという淀城があった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


よど

京都市伏見(ふしみ)区南西部の一地区。旧淀町で、1957年(昭和32)伏見区に編入。宇治(うじ)川、桂(かつら)川、旧木津(きづ)川の三川の合流点にあたり、標高11メートルの低湿地をなしている。『日本後紀』には「与等津」とあり、平安京の外港として、中世まで全国荘園(しょうえん)の貢租米の荷揚げが行われ、また淀魚市として栄えた。江戸時代、淀の納所(のうそ)は伏見とともに淀川水運の本拠地をなした。また軍事上の要地でもあり、戦国時代から納所の地に淀城が置かれた。豊臣(とよとみ)秀吉も一時淀君のために淀城を修築したが、伏見城完成とともに取り壊した。1623年(元和9)京都守護のため、松平定綱(さだつな)は現在の淀本町に築城した。以後、淀藩の城下町、また東海道の淀宿として繁栄した。1868年(明治1)鳥羽(とば)・伏見の戦いで淀城は焼失。現在、本丸の石垣と内堀の一部を残し、淀城跡公園となっている。明治になって大阪―京都間に鉄道が開通し、淀川水運は急速に衰退した。明治末年京阪電鉄の開通によって京都・大阪への通勤者が増加して宅地化が進み、低湿地を利用して京都競馬場がある。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淀の関連キーワード京都府京都市伏見区今町京都府京都市伏見区榎町京都府京都市伏見区景勝町京都府京都市伏見区京町京都府京都市伏見区新町京都府京都市伏見区成町京都府京都市伏見区西町京都府京都市伏見区東町京都府京都市伏見区南浜町京都府京都市伏見区淀木津町

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

淀の関連情報