コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よど

8件 の用語解説(淀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


よど

京都市伏見区の一地区。古く与等,与杼とも書かれた。市域の南端部,宇治川北岸に位置。旧町名。 1957年京都市に編入。京都競馬場の所在地として知られる。江戸時代には宇治川,木津川,桂川がこの付近で合流し,河川水運の要地であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よど【×淀/×澱】

水の流れが滞ること。また、その所。よどみ。
軒先の広小舞(ひろこまい)の上にある横木。淀貫(よどぬき)。

よど【淀】

京都市伏見区南西部の地名。宇治川桂川木津川の合流点近くにあり、淀川舟運の河港として栄えた。江戸時代は松平・稲葉氏の城下町

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

淀【よど】

京都市伏見区の一地区。桂川と宇治川の合流点付近にある古来の要地で,1587年豊臣秀吉が補修し淀君を住まわせた淀城があり,淀川水運の河港として栄えた。伏見城築城,伏見港開設により衰微。
→関連項目加納藩鳥羽作道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よど【淀】

京都市伏見区の地名。かつては木津川,宇治川,桂川の三川合流地点,淀川の起点にあたり,山陽・南海両道の諸国貨物の奈良・京都への陸揚港として栄え,淀津(よどのつ)といわれた。現在の淀水垂(みずたれ)町,淀大下津(おおしもづ)町,納所(のうそ)町あたりである。
[古代,中世]
 《日本後紀》は804年(延暦23)桓武天皇の〈与度津〉行幸を記しており,平安京の設置によって重要性が高まったことがわかる。9世紀以降,淀津は山崎津(山城),大津(近江)とともに,畿内の重要港津として検非違使庁の管轄下に入れられ,津政所がおかれ,津刀禰(とね)が現地管理の仕事をしていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

よど【淀】

京都市伏見区の一地区。宇治・桂・木津の三川の合流点付近にあり、淀川水運の要港として栄えた。淀城址が残る。近世は稲葉氏の城下町。古来、薦こもやあやめなどを景物として和歌に詠まれた。⦅歌枕⦆ 「山城の-の若薦かりにだに/古今 恋五

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕淀(よど)


京都府京都市伏見区にある地域名。
桂川・宇治川・木津川の合流点付近一帯をさす。住宅地。京阪本線淀駅の東に京都競馬場がある。古くは河港で、淀君(よどぎみ)が住んだという淀城があった。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


よど

京都市伏見(ふしみ)区南西部の一地区。旧淀町で、1957年(昭和32)伏見区に編入。宇治(うじ)川、桂(かつら)川、旧木津(きづ)川の三川の合流点にあたり、標高11メートルの低湿地をなしている。『日本後紀』には「与等津」とあり、平安京の外港として、中世まで全国荘園(しょうえん)の貢租米の荷揚げが行われ、また淀魚市として栄えた。江戸時代、淀の納所(のうそ)は伏見とともに淀川水運の本拠地をなした。また軍事上の要地でもあり、戦国時代から納所の地に淀城が置かれた。豊臣(とよとみ)秀吉も一時淀君のために淀城を修築したが、伏見城完成とともに取り壊した。1623年(元和9)京都守護のため、松平定綱(さだつな)は現在の淀本町に築城した。以後、淀藩の城下町、また東海道の淀宿として繁栄した。1868年(明治1)鳥羽(とば)・伏見の戦いで淀城は焼失。現在、本丸の石垣と内堀の一部を残し、淀城跡公園となっている。明治になって大阪―京都間に鉄道が開通し、淀川水運は急速に衰退した。明治末年京阪電鉄の開通によって京都・大阪への通勤者が増加して宅地化が進み、低湿地を利用して京都競馬場がある。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

淀の関連情報