鳳翩山(読み)ほうべんざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳳翩山
ほうべんざん

山口県中部,山口市の西にある山。周防国長門国の境をなした鳳翩山地の主峰で,約 4km離れている東鳳翩山(734m)と西鳳翩山(742m)の二つを総称する。古生代三郡変成岩類に属する泥質片岩からなり,東鳳翩山は円錐形山頂をもつ。山頂一帯は草原で,春はツツジナルコユリ,秋はマツムシソウが咲き,山頂から日本海瀬戸内海が同時に展望できる。登山者も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうべんざん【鳳翩山】

山口県の中央西寄りに位置する山。かつては長門・周防両国の国境をなし,現在は山口市と阿武郡旭村,美祢(みね)郡美東町の境界。2峰からなり,東鳳翩山(734m)の山頂一帯はツツジやリンドウの美しい草原をなし,元旦の御来光登山で親しまれる。西鳳翩山(742m)は,なだらかな山頂まで車道が通じ,気象庁,建設省などの無線塔がたち並ぶ。ともに山頂から日本海と瀬戸内海が見渡せる。【三浦 肇】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳳翩山
ほうべんざん

山口県中央部にあり、山口市、萩(はぎ)市、美祢(みね)市にまたがる山。西鳳翩山(742メートル)と東鳳翩山(734メートル)に分かれる。ともに展望に優れ、日本海と瀬戸内海が望まれる。なだらかな山頂まで車道が通じている西鳳翩山は気象庁や日本電信電話会社(NTT)などの無線塔が建ち並んでいる。東鳳翩山は山頂一帯がツツジ、リンドウの咲く広い草原をなし、萩往還(主要地方道山口旭(あさひ)線)の板堂峠から中国自然歩道が整備され、元旦(がんたん)の御来光登山でも山口市民に親しまれている。[三浦 肇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android