コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳳翩山 ほうべんざん

3件 の用語解説(鳳翩山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳳翩山
ほうべんざん

山口県中部,山口市の西にある山。周防国長門国の境をなした鳳翩山地の主峰で,約 4km離れている東鳳翩山(734m)と西鳳翩山(742m)の二つを総称する。古生代三郡変成岩類に属する泥質片岩からなり,東鳳翩山は円錐形の山頂をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうべんざん【鳳翩山】

山口県の中央西寄りに位置する山。かつては長門・周防両国の国境をなし,現在は山口市と阿武郡旭村,美祢(みね)郡美東町の境界。2峰からなり,東鳳翩山(734m)の山頂一帯はツツジリンドウの美しい草原をなし,元旦の御来光登山で親しまれる。西鳳翩山(742m)は,なだらかな山頂まで車道が通じ,気象庁建設省などの無線塔がたち並ぶ。ともに山頂から日本海瀬戸内海が見渡せる。【三浦 肇】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳳翩山
ほうべんざん

山口県中央部にあり、山口市、萩(はぎ)市、美祢(みね)市にまたがる山。西鳳翩山(742メートル)と東鳳翩山(734メートル)に分かれる。ともに展望に優れ、日本海と瀬戸内海が望まれる。なだらかな山頂まで車道が通じている西鳳翩山は気象庁や日本電信電話会社(NTT)などの無線塔が建ち並んでいる。東鳳翩山は山頂一帯がツツジ、リンドウの咲く広い草原をなし、萩往還(主要地方道山口旭(あさひ)線)の板堂峠から中国自然歩道が整備され、元旦(がんたん)の御来光登山でも山口市民に親しまれている。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳳翩山の関連キーワード口之島バンドン済南三ノ峰周防山地十種ヶ峰グリニッジ島岩国港広島[県]山口県山口市中央

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone