鳴神貝塚(読み)なるかみかいづか

国指定史跡ガイドの解説

なるかみかいづか【鳴神貝塚】


和歌山県和歌山市鳴滝にあり、1895年(明治28)に近畿地方でははじめて確認された貝塚遺跡。発見された場所は、花山の南麓に続く台地の傾斜面から低く平らな地域にわたる。かつては水田だったことから発掘を免れていたが、地下約1.7mに厚さ30cmほどの貝殻層があり、縄文時代前期から晩期にわたる土器、石鏃(せきぞく)、石錐、打製石斧(せきふ)、石刃などが出土した。また、貝層からはカキ、ハイガイ、ハマグリ、サザエなどの貝類やクロダイ、マダイなどの骨も発見された。1931年(昭和6)に国の史跡に指定。現在は丘陵地の緩斜面であるが、太古は内湾であったと推定できる。和歌山電鐡貴志川線日前宮(にちぜんぐう)駅から徒歩約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

世界大百科事典内の鳴神貝塚の言及

【和歌山[市]】より

…和歌山県北西端,紀伊水道に臨む県庁所在都市。人口39万3885(1995)。16世紀末,豊臣秀吉が紀ノ川河口付近に築いた和歌山城の城下町が都市としての起源で,浅野氏を経て,17世紀前半に入国した徳川頼宣(よりのぶ)が城下を拡大し,以来約300年間14代にわたって栄えた。明治維新後,県庁が置かれて県の政治・経済・文化の中心地となり,1889年,県下初の市制施行都市になったが,人口は5万人余,市域面積は8.6km2にすぎなかった。…

※「鳴神貝塚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android