コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴鏑 メイテキ

世界大百科事典 第2版の解説

なりかぶら【鳴鏑】

矢の先端につける発音用具。木,鹿角,牛角,青銅などで蕪(かぶら)の形につくり,中空にして周囲に数個の小孔をうがったもの。矢につけて発射すると,気孔から風がはいって鳴る。鳴鏑のみを矢につけて用いることもあるが,の根もとに,その茎(なかご)を貫通してつけることが多い。鳴鏑の矢は,鏃の形も雁又(かりまた)などの幅の広いものを用い,〈上差(うわざし)の矢〉とする。《史記》匈奴伝に,匈奴が鳴鏑を用いることがみえるが,東北アジアでは早くから流行していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

鳴鏑の関連キーワード内裏塚古墳天津久米命大山咋神松尾大社犬追物武器鉄鏃鏑矢

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android