コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴鏑 メイテキ

3件 の用語解説(鳴鏑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めい‐てき【鳴×鏑】

なりかぶら

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なりかぶら【鳴鏑】

矢の先端につける発音用具。木,鹿角,牛角,青銅などで蕪(かぶら)の形につくり,中空にして周囲に数個の小孔をうがったもの。矢につけて発射すると,気孔から風がはいって鳴る。鳴鏑のみを矢につけて用いることもあるが,鏃の根もとに,その茎(なかご)を貫通してつけることが多い。鳴鏑の矢は,鏃の形も雁又(かりまた)などの幅の広いものを用い,〈上差(うわざし)の矢〉とする。《史記》匈奴伝に,匈奴が鳴鏑を用いることがみえるが,東北アジアでは早くから流行していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

めいてき【鳴鏑】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone