鴫立沢(読み)シギタツサワ

デジタル大辞泉の解説

しぎたつさわ〔しぎたつさは〕【鴫立沢】

神奈川県中郡大磯町西部の渓流。名は西行の歌「心なき身にもあはれはしられけりしぎたつ沢の秋の夕暮」に由来する。そばに鴫立庵(でんりゅうあん)がある。[歌枕

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しぎたつさわ【鴫立沢】

神奈川県大磯町の南西にある渓流。西行が陸奥むつへ下る途中に詠んだ「心なき身にもあはれは知られけり鴫立つ沢の秋の夕暮」の歌によって知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鴫立沢
しぎたつさわ

神奈川県中南部大磯(おおいそまち)の旧宿場町の西端の海岸段丘を流下する渓流。小流であるが段丘崖(がい)を緩く懸谷(けんこく)状に流下し景勝地をなす。その西縁台上に、ここに立ち寄って「心なき身にもあはれは知られけり鴫立沢の秋の夕暮」と詠んだ西行(さいぎょう)を記念して鴫立庵(あん)が設けられている。元禄(げんろく)年間(1688~1704)には江戸の大淀三千風(おおよどみちかぜ)が止住して庵主となり、歌塾を開いていた。東海道を上下する歌人、風流人の訪れが多く、数々の秀歌が生まれ、いまもそれを刻んだいくつもの歌碑がみられる。その後、代々俳人を庵主に迎え庵はよく守り続けられ、第二次世界大戦後は歌道研修道場となり、広く京浜地方からも歌人たちが集まり、関東歌壇の一拠点となっている。現在、庭内には古い庵室のほか、西行像を安置する円位(えんい)堂や法虎(ほうこ)堂があり、3月には西行祭が行われる。JR東海道本線大磯駅から徒歩10分。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しぎたつさわ しぎたつさは【鴫立沢】

鴫の飛び立つ水辺。特に西行物語で、西行が「心なき身にもあはれはしられけり鴫立つ沢の秋の夕暮」とよんだと伝える神奈川県中郡大磯町小磯の付近が名所として知られた。〔文明本節用集(室町中)〕
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)初「大磯のまちを打過、鴫立沢(シギタツサハ)にいたり文覚上人が刀作ときこえし西行の像にむかひて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鴫立沢の関連情報