コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿児島銀行 かごしまぎんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿児島銀行
かごしまぎんこう

地方銀行。1944年第百四十七銀行,旧鹿児島銀行鹿児島貯蓄銀行の合併により鹿児島興業銀行として設立。1950年外国為替業務を開始。1952年現社名に変更。1985年債券ディーリング業務を開始。地盤の鹿児島県トップの実績を誇り,宮崎県南部にも支店網を拡大。2015年肥後銀行持株会社の九州フィナンシャルグループを設立し,傘下に入った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鹿児島銀行

鹿児島県で最大手の地方銀行で、本店は鹿児島市。創立は1879年。総預金は3兆5806億円、貸出金は2兆8643億円。店舗数は県内中心に151。2015年10月に肥後銀行(熊本市)と経営統合して持ち株会社九州フィナンシャルグループ(FG)を設立。上村頭取は九州FGの社長を務めている。

(2016-08-05 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

鹿児島銀行

正式社名「株式会社鹿児島銀行」。略称「かぎん」。英文社名「THE KAGOSHIMA BANK, LTD.」。銀行業。明治12年(1879)前身の「第百四十七国立銀行」設立。昭和19年(1944)「株式会社鹿児島興業銀行」設立。同27年(1952)現在の社名に変更。本店は鹿児島市金生町。地方銀行。格付けは九州地銀でトップクラス。鹿児島地盤に宮崎にも店舗網を展開。東京証券取引所第1部・福岡証券取引所上場。証券コード8390。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

鹿児島銀行の関連キーワードもの派沖縄戦カリブ文学直木賞神崎武雄サンホセ信州大学富山大学弘前大学ペリリュー[島]

鹿児島銀行の関連情報