コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本原子力研究所 にほんげんしりょくけんきゅうじょ

5件 の用語解説(日本原子力研究所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本原子力研究所
にほんげんしりょくけんきゅうじょ

原子力に関する研究を総合的に行なう研究所。原子力の基礎と応用の研究,原子炉の設計・建設・操作,核融合・放射線利用等の研究開発原子力関係の研究者と技術者の養成・訓練,放射性同位元素の生産・販売などを行なう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にほん‐げんしりょくけんきゅうじょ〔‐ゲンシリヨクケンキウジヨ〕【日本原子力研究所】

原子力基本法に基づき、政府の監督下に原子力の基礎・応用に関する研究開発を行った特殊法人。昭和31年(1956)に設立。平成17年(2005)核燃料サイクル開発機構JNC)と統合され、日本原子力研究開発機構JAEA)となる。JAERI(ジャエリ)(Japan Atomic Energy Research Institute)。原研。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日本原子力研究所【にほんげんしりょくけんきゅうじょ】

略称原研。原子力基本法に基づき,1956年に設立された特殊法人。日本の原子力研究の中心機関で,原子力に関する基礎・応用研究,原子炉の設計・建設・操作,原子力に関する研究者・技術者の養成訓練,放射性同位元素の輸入・生産・頒布等を行う。
→関連項目核燃料サイクル開発機構菊池正士原子力産業東海[村]日米原子力協定

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にほんげんしりょくけんきゅうじょ【日本原子力研究所】

原子力に関する研究等を総合的かつ効率的に行い,原子力の研究,開発および利用の促進に寄与することを目的として,原子力基本法および日本原子力研究所法に基づき,1956年6月に設立された特殊法人。核物理学,原子炉化学,燃料・材料等に関する基礎研究軽水炉等の安全性研究,高温ガス炉(高温工学試験研究炉〈HTTR〉が1998年9月に臨界予定),核融合に関する研究開発(臨界プラズマ試験装置〈JT-60〉が1985年4月に運転開始),放射線利用研究(大型放射光施設SPring-8〉が1997年10月に供用開始)まで幅広い研究活動を行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本原子力研究所
にほんげんしりょくけんきゅうじょ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日本原子力研究所の言及

【原子力産業】より

…同年4月,日本学術会議が〈公開・民主・自主〉の原子力平和利用三原則(原子力三原則)のもとに原子力の研究・開発・利用を進めるべきことを唱えた声明を決議,翌55年には,この原子力三原則を取り入れた原子力基本法,原子力委員会設置法,原子力局設置に関する法律の原子力三法が成立した。56年1月に政府の原子力委員会,同年3月に民間の日本原子力産業会議(経団連と電気事業連合会が中心となって組織)が発足,さらに5月に科学技術庁,6月には特殊法人として日本原子力研究所が設立され,官民の研究開発体制は急速に整えられた。この一連の動きは,経済復興の過程で,日本の独占資本が先端産業としての原子力産業へ進出を図ったこと,アメリカ重電資本が原子力機器の日本への売込みを図ったことを背景としている。…

【原子力船】より

…こうして69年,特殊貨物船である原子力船〈むつ〉が進水した。この事業団は85年から日本原子力研究所に併合し,原子力第2船の検討を含めた事業を継続する。イギリス,フランス,ノルウェー,オランダ,イタリア,カナダなどの諸国でも原子力船の研究開発あるいは計画検討などが実施されているが,建造には至っていない。…

※「日本原子力研究所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本原子力研究所の関連キーワードJETRO原子力工学原子力保険振興局IRRS原子力規制委員会設置法森林・林業基本計画水産基本計画農業経営基盤強化促進法(基盤強化法)農業経営の展望

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本原子力研究所の関連情報