コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島精一 かじま せいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿島精一 かじま-せいいち

1875-1947 明治-昭和時代の実業家。
明治8年7月1日生まれ。鹿島家の婿養子となり,明治45年鹿島組組長となる。鉄道建設請負のほか,水力発電所建設などの土木建築工事にも進出。経営の近代化をはかる一方,業界の地位向上にもつくした。昭和22年2月6日死去。73歳。岩手県出身。東京帝大卒。旧姓葛西

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿島精一
かじませいいち
(1875―1947)

日本の大手建設企業である鹿島建設の前身、鹿島組の3代目経営者。岩手県盛岡で士族の長男に生まれた。東京帝国大学工学部を卒業後、鹿島家の婿養子となり、鹿島組の副組長に就任。1912年養父鹿島岩蔵の死去とともに組長となって、それまでの主力事業であった鉄道建設以外に水力発電所の建設など各種の土木・建築工事への進出を図った。また、1930年(昭和5)に鹿島組を個人経営から株式会社に改組するなど、経営の近代化にも努めた。穏健な人格が人望を得て業界団体の代表者などを務めたが、他面では、その堅実な経営のやり方が鹿島組の成長を抑えたといわれる。[四宮俊之]
『鹿島精一追懐録編纂委員会編・刊『鹿島精一追懐録』(1950)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鹿島精一の関連キーワード鹿島 守之助鹿島守之助鹿島 精一鹿島卯女昭和時代実業家

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android