コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻黄附子細辛湯 まおうぶしさいしんとう

1件 の用語解説(麻黄附子細辛湯の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

まおうぶしさいしんとう【麻黄附子細辛湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)麻黄細辛附子などを含む。漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』などに処方が示されている。感冒気管支炎、慢性の咳(せき)などに用い、微熱、悪寒(おかん)倦怠(けんたい)感めまい頭痛といった症状をともなうとき、とくに有効とされる。比較的体力の低下している人がおもな対象。

出典|講談社
漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

麻黄附子細辛湯の関連情報