コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵色 たまごいろ

色名がわかる辞典の解説

たまごいろ【卵色】

色名の一つ。玉子色とも書く。JISの色彩規格では「明るいみの」としている。一般に、鶏卵の黄身のような少し赤みを帯びた黄色のこと。現代では橙色に近い黄身の色もあるが、そこまでは濃くない平均的な卵黄をさす。江戸時代前期から染色の色として用いられるようになり、中期ごろに着物の色として流行したとされる。また、鶏卵の殻の色で、ややみがかった白をいう場合もあるが、その場合は「鳥の子色」という方が適切。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たまご‐いろ【卵色】

鶏卵の黄身の色。薄黄色。
鶏卵の色。白茶色。

らん‐しょく【卵色】

卵の殻の色。また、卵の黄身の色。たまごいろ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たまごいろ【卵色】

鶏卵の黄身の色、または白身と黄身をかきまぜた色。淡黄色。クリーム色。
卵の殻の色。白茶色。

らんしょく【卵色】

卵の黄身のいろ。たまごいろ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

卵色の関連キーワードアラフラオオニシクリーム色外山亀太郎カノシタニワトリ井戸茶碗名塩紙和三盆サケ色名白身内曇染色数紋卵黄

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android