コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黎利 れいり Lê Lo`i

2件 の用語解説(黎利の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黎利
れいり
Lê Lo`i

[生]1385
[没]1433
ベトナム,後黎朝 (→黎朝 ) の創始者 (在位 1428~33) 。ベトナム音でレ・ロイ。諡は高皇帝。廟号は太祖。清化 (タンホア) の人。 1418年当時自国を支配していた明朝に対して反抗し,兵をあげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黎利
れいり
(1384―1433)

ベトナム黎(れい)朝(レ朝)の創設者(在位1428~33)。廟号(びょうごう)は太祖。平定王(ビンディンブオン)とよばれる。黎利(レ・ロイLe Loi)は、中部ベトナム、タインホア地方の土豪の子として生まれる。1407年明(みん)によってベトナム全土が占領されるや、18年から故郷のランソン地方で挙兵して、明軍と戦った。名参謀阮薦(グエン・チャイ)の補佐を得て10年にわたる山岳ゲリラ戦ののち、ソン・コイ川デルタに進撃して、28年明軍を駆逐し、ベトナムの独立を回復して黎朝を開いた。帝位につくや、前代陳朝(チャン朝)の王族支配を改め、中国律令(りつりょう)制度と土着の社会体制を調和させた律例制、公田制、社(村落)制度を創始した。これは4代聖宗に至って完整された。[桜井由躬雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の黎利の言及

【レ朝】より

…レ(黎)朝と呼ばれる王朝には前レ朝(980‐1009),後レ朝(1428‐1789)の2王朝があるが,一般には後レ朝をさす。 15世紀初め,ベトナムは中国明朝の支配下にあったが,タインホア地方の土豪レ・ロイ(黎利)は1418年に反明ゲリラ戦を起こし,27年ハノイを占領して明軍を駆逐,翌年に国号をダイベト(大越),年号を順天とする新王朝を開いた。レ・ロイは31年に明との国交を修復し,権署安南国事に封ぜられた。…

【レ・ロイ】より

…ベトナムの後レ(黎)朝の創始者(在位1428‐33)。タインホアのラムソンの土豪の家の生れ。1407年明はホー(胡)朝を倒してベトナムを占領したが,その直接支配に抗して18年ラムソンに挙兵し,ビンディン(平定)王と称した。さらにタインホア,ゲアンで反明ゲリラ戦を展開し,名参謀グエン・チャイ(阮薦)の協力を得てしだいに勢力を増した。26年北方に進撃し,翌年ソンコイ川デルタの明軍を撃破,チャン(陳)朝の子孫チャン・カオ(陳嵩)の即位を条件に明軍を撤退させた。…

※「黎利」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黎利の関連キーワード階乗NエヌN末端残基de Thou,N.Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone