コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒川亀玉 くろかわ・きぎょく

朝日日本歴史人物事典の解説

黒川亀玉

没年:宝暦6.6.25(1756.7.21)
生年:享保17.10.28(1732.12.15)
江戸中期の南蘋派の画家。名は安定。字は子保。亀玉,商山処士などと号した。江戸の人。画は幼くして狩野休真,岡本善悦に学んだのち,南蘋画風を独習。作品に「蕉陰僊羽図」(東京国立博物館蔵)。指頭画も描いた。

(武田光一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

黒川亀玉の関連キーワード黒川亀玉(2代)黒川亀玉(3代)10月28日松田亀玉黒川松蘿

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android