コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒木為楨 くろきためもと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒木為楨
くろきためもと

[生]弘化1(1844).3.16. 鹿児島
[没]1923.2.3.
陸軍軍人。薩摩藩士の子として生れ,鳥羽・伏見の戦いに参加。 1871年に上京,陸軍大尉。西南戦争日清戦争に出征し,1903年大将,04~05年日露戦争の第1軍司令官。 06年伯爵。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒木為楨 くろき-ためもと

1844-1923 明治時代の軍人。
天保(てんぽう)15年3月16日生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。戊辰(ぼしん)戦争,西南戦争に従軍。日清(にっしん)戦争では第六師団長。明治36年陸軍大将。日露戦争では第一軍司令官としてクロパトキン指揮のロシア軍とたたかい,勇名をとどろかせた。のち枢密顧問官。伯爵。大正12年2月3日死去。80歳。本姓は帖佐。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

黒木為楨の関連キーワード明治時代天保鳥羽伏見

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android