コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇田道隆 うだ みちたか

2件 の用語解説(宇田道隆の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇田道隆 うだ-みちたか

1905-1982 昭和時代の海洋学者。
明治38年1月13日生まれ。宇田友猪の次男。神戸,長崎各海洋気象台長,水産庁東海区水産研究所長,東京水産大教授,東海大教授を歴任。潮目や黒潮などを研究し,亜熱帯反流を発見した。歌人としても知られる。昭和57年5月10日死去。77歳。高知県出身。東京帝大卒。著作に「海洋気象学」「海」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇田道隆
うだみちたか
(1905―1982)

海洋物理・水産海洋学者。東京水産大学(現、東京海洋大学名誉教授。高知県に生まれ、東京帝国大学物理学科卒業。在学中より寺田寅彦(とらひこ)の指導下で影響を受ける。水産講習所(のち東京水産大学。現、東京海洋大学)に入り水産試験場に移り、田内森三郎(1892―1973)の指導を受ける。水産試験場が中心になって行った当時としては画期的な総合海洋観測である北太平洋日本近海一斉海洋調査の企画、推進、観測にあたり大きな成果を収めた。のち神戸・長崎海洋気象台長、東海区水産研究所長、東京水産大学教授、東海大学海洋学部教授を歴任、日本海洋学会、水産海洋研究会会長にも選出された。日本近海、北西太平洋の海況の物理的解明に努力し、黒潮、冷水塊、潮目(しおめ)(潮境(しおざかい))、亜熱帯反流、大気海洋相互作用などについて論文が多い。また、日本の漁場学、水産海洋学の基礎確立に尽力し、後進の指導にも熱心であった。前記論文のほかに『海』(岩波新書)、『世界海洋探検史』(河出書房)など、一般向けの著書も多い。歌人としても知られ、「海」を御題とした1977年(昭和52)の歌会始の召人(めしうど)を務めている。[半澤正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇田道隆の関連キーワードビューフォートメルツ三宅泰雄須田皖次新野弘速水頌一郎日高孝次水島チヨ子吉田耕造Murray,J.(海洋学者)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone