黒田三郎(読み)クロダサブロウ

  • 1919―1980
  • くろださぶろう〔サブラウ〕
  • 黒田三郎 くろだ-さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1919-1980 昭和時代後期の詩人。
大正8年2月26日生まれ。昭和21年日本放送協会にはいる。22年鮎川信夫,田村隆一らと「荒地(あれち)」を創刊。30年「ひとりの女に」でH氏賞。「歴程同人。昭和55年1月8日死去。60歳。広島県出身。東京帝大卒。詩集はほかに「失はれた墓碑銘」「小さなユリと」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

詩人。広島県生まれ。東京帝国大学経済学部卒業。南洋興発会社社員としてジャワに赴任、同地で敗戦を迎えた。1946年(昭和21)帰国、日本放送協会に放送記者として入社、のち放送文化研究所に移り69年まで勤務。47年、第二次『荒地(あれち)』創刊に参加、のち『歴程』同人となり、日本現代詩人会理事長を務めた。詩は庶民的現実に取材しながら、現代の危機的状況を平明に表現した。詩集に『ひとりの女に』(1954、H氏賞)、『失われた墓碑銘』(1955)、『小さなユリと』(1960)、『時代の囚人』(1965)など。ほかに評論集『内部と外部の世界』(1957)などがある。

[飛高隆夫]

『『定本 黒田三郎詩集』(1979・昭森社)』『『黒田三郎日記』全6巻(1981・思潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒田三郎の関連情報