コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒駒関 くろこまのせき

2件 の用語解説(黒駒関の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

黒駒関【くろこまのせき】

甲斐国八代郡黒駒(山梨県笛吹市御坂町)に置かれた中世の関所甲府盆地と駿河国を御坂(みさか)峠を越えて結ぶ,鎌倉街道(御坂路・甲斐路ともいう)の峠北麓に位置する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くろこまのせき【黒駒関】

中世,甲斐国八代郡黒駒(現,山梨県東八代郡御坂町内)に置かれた関所。黒駒内には古代よりの官道である鎌倉往還(御坂路または甲斐路ともいう)が走っており,黒駒を越すと御坂峠となり,さらに河口湖畔の船津,吉田,須走から足柄街道へと連絡する交通の要衝である。古代甲斐におかれた三駅の一つ水市駅は地形からして黒駒にあったともいわれている。中世の関所の起源は不明であるが,1565年(永禄8)に武田信玄富士山中宮の社垣造営料として黒駒の関銭10貫文を同社に寄付しており,当時ここに関所が置かれていたことが知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone