コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船津 ふなつ

4件 の用語解説(船津の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船津
ふなつ

山梨県南部,河口湖南東岸の観光地。富士河口湖町の中心集落。富士山北麓の交通の要地で,甲府市,御殿場市,大月市,富士市方面からの自動車道の結節点にある。富士急行の終点河口湖駅もあり,中央自動車道の河口湖インターチェンジも近く,また富士スバルラインの始点でもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

船津
ふなつ

岐阜県北部,飛騨市神岡町の中心集落。旧町名。 1950年近隣2村と合体して神岡町となる。高原川流域の小盆地に神岡鉱山関係の事業所,社宅,町屋が密集していた。鉱山は,江戸時代から採掘され,昭和期になって採鉱から精錬まで近代化されたが,鉱脈の沽渇を理由に 2001年採掘が終わった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふな‐つ【船津】

船が停泊する所。船着き場
「秋風に川波立ちぬしましくは八十(やそ)の―に御舟(みふね)留めよ」〈・二〇四六〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ふなつ【船津】

岐阜の日本酒。蔵元の「大坪酒造店」は天保13年(1842)創業。所在地は飛騨市神岡町朝浦。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船津の関連キーワード岐阜県飛騨市神岡町小萱岐阜県飛騨市神岡町瀬戸岐阜県飛騨市神岡町谷岐阜県飛騨市神岡町土岐阜県飛騨市神岡町殿岐阜県飛騨市神岡町西岐阜県飛騨市神岡町船津岐阜県飛騨市神岡町牧岐阜県飛騨市神岡町森茂岐阜県飛騨市神岡町吉田

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

船津の関連情報