コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ADH(抗利尿ホルモン)分泌異常症 えーでぃーえっちこうりにょうほるもんぶんぴついじょうしょう Syndrome of Inappropriate Secretion of ADH (SIADH)

1件 の用語解説(ADH(抗利尿ホルモン)分泌異常症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

えーでぃーえっちこうりにょうほるもんぶんぴついじょうしょう【ADH(抗利尿ホルモン)分泌異常症 Syndrome of Inappropriate Secretion of ADH (SIADH)】

[どんな病気か]
 必要もないのに、脳の下垂体(かすいたい)の後葉(こうよう)という部分から、腎臓(じんぞう)にはたらいて尿量を抑えるホルモン(ADH)が分泌され、尿の出が悪くなる病気です。
 このため、水分が体内にたまり、いわば体内に水がだぶついた状態になります。
 体重は増えますが、電解質(でんかいしつ)(ナトリウムカリウム、リンなどの塩類)の水分に対する割合は小さくなっているので、腎臓病(じんぞうびょう)のときのようにむくみ(浮腫(ふしゅ))はおこりません(塩分の摂取を制限する必要もありません)。
 頭痛、吐(は)き気(け)、嘔吐(おうと)、めまい、不安、昏睡(こんすい)など、水中毒(みずちゅうどく)(水が体内に入りすぎた状態)と同じ症状が現われます。
 症状がひどくなると、生命の危険もあります。
[原因]
 下垂体の後葉のはたらきが異常になったり、下垂体以外にADHの分泌をうながす腫瘍(しゅよう)ができたりしておこります。
[検査と診断]
 血液中のナトリウム濃度の低下、尿に排泄(はいせつ)されるナトリウムの量が多いことなどから診断します。
[治療]
 まず、飲料や食事などから摂取する水分を1日700~1200mℓに抑え、体重を2~4キロ減少させます。
 ADHの分泌をうながす腫瘍が明らかな場合は、その腫瘍を取り除く手術をします。
 一時的にADHの分泌が異常になることも多く、症状を的確につかんで、水分の制限などの処置を行なうことがたいせつです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ADH(抗利尿ホルモン)分泌異常症の関連キーワード痛くもない腹を探られる仮病どんな何心地何も不死身屁でもない病は気から立錐の余地もない然もなし

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone