コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BS びーえす

11件 の用語解説(BSの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

BS

地上約3万6000kmの静止軌道上に位置する放送衛星のこと。地上局からの放送電波を中継して増幅し、直接視聴者へ向けて送信する。アナログ放送には放送衛星「BSAT-1a」が使用されており、NHKハイビジョン放送、WOWOWなどが放送している。BSデジタル放送では「BSAT-2a」が使用されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビー‐エス【BS】[broadcasting satellite]

broadcasting satellite放送衛星。「BSアンテナ」「BSチューナー」

ビー‐エス【BS】[British Standards]

British Standards》英国規格。英国規格協会(BSI)によって制定された英国の国家規格

ビー‐エス【BS】[business school]

business school》⇒ビジネススクール

ビー‐エス【B/S】[balance sheet]

balance sheet》「貸借対照表」に同じ。バランスシート

ビー‐エス【BS】[base station]

base station》⇒ベースステーション

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

BS【ビーエス】

broadcasting satelliteの略。放送衛星のことだが,衛星放送の意味で使われることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

IT用語がわかる辞典の解説

ビーエス【BS】

通信衛星の一種。放送専用の電波の送受信を行う人工衛星。◇「broadcasting satellite」の頭文字から。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

BS

〖broadcasting satellite〗

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

BS
ビーエス

放送衛星」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

BS
びーえす
broadcasting satellite

放送衛星。通信衛星(CS=communications satellite)のうち、一般家庭で直接受信することを目的とした衛星による放送を行うために特定化したもの。ただし共同受信のための利用も含むものとされる。[後藤和彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

BSの関連キーワード静止衛星静止軌道パーキング軌道アポジーモーター準天頂軌道静止トランスファー軌道静止ドリフト軌道対地静止軌道中軌道同期軌道

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

BSの関連情報