CA貯蔵(読み)シーエーちょぞう(英語表記)controlled atmosphere storage

  • CA貯蔵 controlled atmosphere storage
  • シーエーちょぞう〔チヨザウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

果実や野菜の貯蔵法の一種。庫内空気中の酸素を減らして二酸化炭素をふやし,かつ温度を低くする貯蔵法で,呼吸作用を抑制して青果物に含まれる糖や消耗を防止するので,普通の冷蔵に比べて鮮度の保持期間が大幅に延長される。りんごの貯蔵法として研究・実用化され,その後ナシ,洋ナシ,カキなどにも利用されており,他の食品についても研究が進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

果物や野菜などの青果物を気密性の高い冷蔵室に入れ,室内の炭酸ガス濃度は大気よりも高く,また酸素濃度は低くなるようにガス組成を調節して長期間貯蔵する方法。青果物は水分含量が多くて腐敗しやすく,また収穫後も蒸散や呼吸が盛んなので,しおれやすく,糖や酸の含量も急速に低下する。したがって,青果物の鮮度や品質をかなりの期間保持するためには,一般に低温で貯蔵して蒸散や呼吸を抑え,微生物の繁殖を防ぐ必要がある。低温に弱い熱帯,亜熱帯産のものを除き,貯蔵適温は0~4℃のものが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

果物の貯蔵法の一つ。貯蔵庫内の空気の組成と温度・湿度を調節して、果物が呼吸や蒸散などで成分を消耗するのを遅延させる。リンゴ、ナシ、カキ、ブドウや柑橘(かんきつ)類などの貯蔵に利用される。初期のものは、果物の呼吸によって発生する二酸化炭素を利用したが、現在では二酸化炭素発生装置を用い、一定の組成の空気をつくり庫内に送り込む。

[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android