コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CD-I しーでぃーあい

4件 の用語解説(CD-Iの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CD-I

ソニーとオランダPhilips社が開発した、音楽や画像、コンピューターデータなどを記録するためのCDの規格のこと。Green Bookと呼ばれる規格書で定義されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

CD-I

〖CD interactive〗
CD の中に、音声・文字・画像やプログラム・データを収容し、それらを対話的に取り出すことのできるマルチメディアの規格。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

CD-I
シーディーアイ
compact disk-interactive media

ユーザーが画面で対話する形式の再生専用光ディスクを使ったシステムの規格の一つ。オーディオ用 CDと同じ記録媒体を用い,記録形式も CD-ROMの規格に沿いつつ,文字データのほかに音声,静止画像コンピュータ・データなどを収録できるように CD-ROMの利用範囲を広げて,一般家庭や教育産業などのユーザー層を対象として開発された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

CD-I
しーでぃーあい

対話型コンパクトディスク装置compact disc interactiveの略称。コンパクトディスク(CD)を家庭や教育用の大量の情報記録媒体として互換性をもたせたマルチメディア装置の世界規格。マイクロプロセッサが組み込まれたCD-Iプレーヤーにより読み出される。1986年にソニーフィリップスが規格を公開し定めた。オーディオ、動画、文字、グラフィクス、アニメーションなどCDに記録されている各種の情報は、ファイル構造データ形式が規定されているので、利用者はプレーヤーに備えた検索などのソフトにより、必要な情報を対話しながら取り出すことができる。商品をプレゼンテーションするもの、ナビゲーション機能をもつ車載用装置のほか、鳥の名を選択すると対応した動画を呼び出すソフト、CD動画カラオケ用ソフトなどがある。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CD-Iの関連キーワードインタラクティブエンドユーザーパワーユーザーユーザーユーザーIDユーザーファイルユーザーテストライトユーザーユーザー体験ユーザー管理

CD-Iの関連情報