コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CISC しすく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CISC

複数の処理を一度に実行する命令を多数持つCPUの方式で、複合命令セットコンピューターと訳す。ソフトウェア側で指定する命令を減らせる利点がある。反面、CPUの仕組みが複雑になり、高速化しにくいという欠点もある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シスク【CISC】[complex instruction set computer]

complex instruction set computer》実行する命令形式の種類を増やし、複雑な処理を行えるようにする形式のコンピューター。またはその設計様式を指す。中央処理装置の構造が複雑になり処理速度が遅くなるという欠点がある。複合命令セットコンピューター。→リスク(RISC)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

CISC【シスク】

complex instruction set computerの略。複雑で高機能な命令セットを持つコンピューター。ハードウェアの進歩とともに,命令アーキテクチャーは,上位互換を図るため次第に複雑かつ高機能になっていく宿命を持っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

シスク【CISC】

コンピューターのマイクロプロセッサーの設計手法のひとつ。ひとつの命令で複数の処理を一度に実行する。⇔RISC ◇「complex instruction set computer」の頭文字から。「複合命令セットコンピューター」ともいう。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

CISC
シスク

複合命令セット・コンピュータ complex instruction set computerの略。マイクロプロセッサの分類の一つ。対応するのはRISC。一つの命令で複雑な処理を実行する複合命令を多く備え,短いプログラムでも複雑な処理が行なえる。だが各命令をプロセッサ内部で単純な命令に置き換えて実行するため処理速度が遅く,プロセッサの構造が複雑で設計に時間がかかる。 CISC型の代表は,インテルの x86系など。近年ではインテルの Pentiumプロセッサのように,CISC型プロセッサであっても RISC技術を一部取り入れ高速化をはかっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CISCの関連情報