コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DAT だっと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DAT

磁気テープを使った記憶媒体のひとつ。縦54mm×横73mm×厚さ10.5mmのカセット型。もともと音声をデジタル録音する記憶媒体として開発されたが、DDSのようにパソコン用の記憶媒体として使えるものもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ダット【DAT】[digital audio tape]

digital audio tape》音声をデジタル信号化してテープで録音・再生するシステム。また、そのテープのこと。音質がよく、コピーによる音質の劣化もない。ディーエーティー。

ディー‐エー‐ティー【DAT】[digital audiotape]

digital audiotape》⇒ダット(DAT)

ディー‐エー‐ティー【DAT】[dementia of Alzheimer type]

dementia of Alzheimer type》⇒アルツハイマー型認知症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

DAT【ディーエーティー】

Digital Audio Taperecorderの略称。オーディオ用のカセットテープと同幅のテープにデジタル化した信号で録音できるテープレコーダー。アナログと違いテープのノイズもなく良質の録音が可能で,曲の頭出しやスキップ機能など操作性がきわめて良い。
→関連項目ミニディスク

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

DAT
ディーエーティー
digital audio tape

デジタル録音・再生の可能なテープ機器,またはその規格。1985年に規格が制定された。同じ磁気テープでアナログ方式のカセットテープよりも小型,軽量で,幅 3.81mmのテープにデジタル化された音声を,テープの長さにより 15~180分録音できる(→PCM録音)。サンプリング周波数は最高 48kHzでコンパクトディスク CDの 44.1kHzよりも高い。おもに一般家庭向けに開発されたが,CDをこえる高音質・高性能のため,業務用に広く用いられた。1989年には DATの技術をもとにしてデータ用の記憶媒体デジタルデータストレージ DDSが開発された。1992年により簡便な光磁気ディスクを使った MD(ミニディスク)が発売され一般に普及すると DATは衰退し,家庭用 DATは 2005年に生産終了。業務用の DATも 2000年代後半には生産が終了した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のDATの言及

【記憶装置】より

…最近でもパソコン用にアメリカなどで使われてきたが,通常のハードディスクに比べると容量が少なく低速である。交換可能であることを活かして,1個の装置で数十~数千個のCD-ROMやDATなどを自動交換しながら使えるジュークボックスのような超大容量の記憶装置(オートチェンジャー)も作られている。
[リードオンリーメモリー]
 記憶媒体としては,書換え可能なものだけでなく,一度記憶した内容を書き換えることができない,読出し専用のものもある。…

※「DAT」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

DATの関連キーワードサンプリングレートコンバーターWindows Updateウィンドウズ・アップデートITコンソリデーションヘリカルスキャン方式菓子資料室 虎屋文庫動的アドレス変換機構関係データベースミツミ電機[株]データ復旧ソフトアハド・ハ・アムUpカーオーディオFMデータ放送コールンヘルト黒点鳶姫尺蠖D☆DATE尖白帯錆天牛バックデータベラフォンテ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

DATの関連情報