コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HACCP はさっぷ

6件 の用語解説(HACCPの意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

HACCP

食品の製造工程における品質管理システムのこと。HA(危害分析)とCCP(重要管理点監視)からなる言葉で、ハサップと読む。最終製品の抜取検査方式ではなく、製造プロセス全体において、予測される危害(HA)を分析し、重要管理点(CCP)を定める方式。重点管理点ごとに、管理の基準や監視方法、基準外のものに対する対応措置を予め設定し、管理を行う。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

HACCP

原材料から最終製品に至る食品の製造工程で衛生、品質を管理するシステム。微生物による汚染や金属の混入などの危害をあらかじめ予測(Hazard Analysis)し、どの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという「重要管理点」(Critical Control Point)を継続的に監視、記録する。米航空宇宙局(NASA)で安全な宇宙食を作る目的で開発された。

(2016-08-25 朝日新聞 朝刊 青森全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ハサップ【HACCP】[hazard analysis critical control point]

hazard analysis critical control point》危害分析重要管理点。NASA(ナサ)(米国航空宇宙局)が宇宙食の衛生管理のために考案した手法で、食品工業レストランの衛生管理に応用されている。ハセップ
[補説]正式には「Ha-sip」と発音する。

ハセップ【HACCP】[hazard analysis critical control point]

hazard analysis critical control point》⇒ハサップ(HACCP)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

HACCP【ハセップ】

Hazard Analysis Critical Control Point Evaluationの略で,日本語では危害分析重要管理点といい,ハセップあるいはハサップと通称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

HACCP
はさっぷ

食品衛生管理システムの一つ。「ハセップ」ともよばれる。Hazard Analysis and Critical Control Pointの頭文字をとったもので、危害分析重要管理点と訳される。
 HACCPは、食品の原材料生産から加工、流通、販売、消費に至るまでのすべての過程について、工程ごとにHA(危害分析)を行い、危害を防止するCCP(重要管理点)を定め、CCPのCL(Critical Limit:管理基準)を一定頻度で継続監視することにより、危害の発生を未然に防ぐものである。食品は私たちの生活に不可欠なもので、本来安全であるべきものであるが、現実には食中毒の原因であることも多い。消費者が食品の安全・安心に対して非常に敏感になっている現状をみると、食品産業が消費者からの信頼を回復する一つの手段がHACCPシステムの導入であるといえよう。
 同システムは、アポロ計画の宇宙食の安全性を保証するために、アメリカの食品会社ピルスベリー社とNASA(ナサ)(アメリカ航空宇宙局)が、陸軍のナティック研究所で開発した方式を取り入れて、1959年にピルスベリー社が自社工場へ適用したのが始まりであるとされている。同社は、1971年の全国食品安全性大会において、その概念をHACCPシステムとして発表し、1973年にFDA(アメリカ食品医薬品局)により低酸性缶詰の適性製造・品質管理基準に導入された。1985年にはアメリカ科学アカデミーが、このシステムの有効性を評価し、食品製造者に積極導入を、また行政当局には法的強制力のある採用を勧告してから本格的に普及した。
 1993年にはFAO(国連食糧農業機関)とWHO(世界保健機関)の合同食品規格計画(コーデックス)委員会から「HACCPシステム適用のためのガイドライン」が示されて世界へと広がった。また、1997年のクリントンによる大統領教書でHACCPの適用が発表された。今日では、アメリカをはじめカナダ、オーストラリア、EU諸国においてHACCPシステムは法律により義務づけられている。
 日本でも、1994年(平成6)に製造物責任法(PL法)が制定されたが、HACCPの世界的な導入動向を踏まえた食品衛生法及び栄養改善法の改正が必要になり、1995年に「食品衛生法及び栄養改善法の一部を改正する法律」が公布、1996年施行された。改正の具体的対応として1997年度より総合衛生管理製造過程の承認制度が開始された。また、1996年に続発した腸管出血性大腸菌O157による食中毒の集団発生を受け、政府は食品製造業者におけるHACCPの普及を支援する目的で、1998年に「食品の製造過程の管理の高度化に関する臨時措置法」(HACCP手法支援法)を公布、施行した。
 1998年には厚生省(現厚生労働省)より乳・乳製品の36社、86施設、177件に総合衛生管理製造過程の承認が行われ、その後、食肉加工品、魚肉練り製品、容器包装詰加圧加熱殺菌食品(レトルト食品)、清涼飲料水に承認対象が広がった。
 以上のように、アメリカやEUの多くの国が、HACCPシステムを義務化しているのに対して、日本では自主的な食品製造法と位置づけられた承認制度となっているために、日本型HACCPシステムともよばれるものになっている。
 2011年(平成23)3月、東日本大震災の際に発生した福島第一原子力発電所の事故に伴い、環境中に放射性物質が大量放出された。2011年12月、国内乳業メーカーの粉ミルクから国の暫定規制値以下ではあるが、放射性セシウムが検出された。この粉ミルクの原料は北海道産と輸入品であったものの原料を溶かした液体を乾燥させる工程でセシウムを含む外気を取り入れた結果、粉ミルクにセシウムが吸着したものとメーカー側では推定している。工場はHACCP認証を受けていたが、今後は防塵(ぼうじん)フィルターの再検討など想定外の事態に備えた新たなHACCP認証が必要になっている。[甲斐 諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

HACCPの関連キーワード分散処理システムマネジメントシステム色管理システム生産履歴管理システムフードシステムコンテンツ管理システムプロセスバリデーショントレーサビリティ・システム(流通経路情報把握システム)医薬品の製造と品質管理に関する基準テイコクテーピングシステム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

HACCPの関連情報