コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IHI(株) あいえいちあい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

IHI(株)
あいえいちあい

日本有数の総合重工業会社。2007年(平成19)に石川島播磨重工業から現社名に変更した。石川島播磨重工業は1960年(昭和35)石川島重工業と播磨造船所が合併して発足。起源は、幕末の1853年(嘉永6)水戸藩が江戸・隅田(すみだ)川河口の石川島に開設した洋式造船所にさかのぼる。明治維新で官営となったが、1876年(明治9)平野富二(とみじ)の個人経営となり、日本初の民営造船所として新発足し、1889年に有限責任石川島造船所となった。同社はその後の発展過程で各種陸上機械部門に積極的に進出し、第二次世界大戦前にはその多角化した事業から、石川島飛行機製作所、石川島自動車製作所(現いすゞ自動車)などが分離、独立していった。播磨造船所は1907年(明治40)に阪神地方の有力者の共同出資で設立され、1916年(大正5)鈴木商店に買収された。その後一時期、神戸製鋼所に併合されたが、1929年(昭和4)にふたたび独立するという経過をたどった。
 両社の合併は、機械部門に傾斜した石川島重工業と、造船部門に傾斜した播磨造船所の相互補完をねらったものである。合併後の石川島播磨は総合重工業企業としての地位を確立し、愛知県知多半島に100万トン級ドックを建設したほか、ブラジル、シンガポールの合弁造船所をはじめ、海外事業も活発に展開した。近年は航空・宇宙・防衛産業分野で強みを発揮しており、航空機用ジェットエンジンでは日本でもトップの座を占めている。資本金957億円(2008)、売上高1兆2210億円(2007)。[中村青志]
『石川島播磨重工業株式会社編・刊『石川島播磨重工業社史』全2巻(1992)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

IHI(株)の関連キーワードIHIの巨額損失選択定年制

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android