コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Jポップ ジェーポップ

2件 の用語解説(Jポップの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ジェー‐ポップ【Jポップ】

《Jは、Japaneseの頭文字日本人が作詞・作曲したポピュラーミュージック。邦楽。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Jポップ
じぇーぽっぷ

歌謡曲、ニューミュージックポップスロックといった、それまでのジャンルが区分崩壊したあとの1990年代以降の日本のポピュラー音楽の総称。演歌や童謡、ジャズクラシックを除いた、英米ポップスの様式的特徴を持つものがそのジャンルの中核に位置するが、音楽学的な様式的特徴によって定義することは難しい。それらすべては市場の評価を受ける商業音楽として等価に扱われるようになったため「レコードヒットを狙って制作される日本製の音楽」と社会的に定義する方が妥当であろう。
 Jポップという概念は(おそらくサッカー、Jリーグの発足によって流行した「J」という記号を流用し)1994年ころにその早い出現例が見られ、95年末にはほぼ定着する。Jポップ概念の定着により、80年代以前の日本のポピュラー音楽史もJポップ史として包括的に記述されることが可能になった。
 日本のポピュラー音楽それぞれのジャンルに固有の流通や受容の文脈を均質化し、単一のジャンル名の定着を促進した社会的背景には、タワーレコード、HMVなどの大規模レコード小売店の90年代中期の出店ラッシュ、『HEY! HEY! HEY! 』(CX系)や『うたばん』(TBS系)などの90年代型音楽番組(ミュージシャンの人物像にスポットをあてるトーク番組)の出現と定着、通信カラオケの出現により大量の新曲が迅速にカラオケとして流通するようになったことなどが挙げられよう。
 浅田彰(1957― )が「J回帰」論として論じるように、冷戦構造崩壊による日本回帰の兆候としてJという記号を受け取ることも可能であるが、むしろ日本製ポップスの質的向上によって「洋楽/邦楽」の対立が無意味となり、単に日本製であることを示す中立的記号としてJが浮上したとみるのが一般的な説である。90年代後半になるとJポップは台湾、香港(ホンコン)、中国本土、韓国などでも人気を呼ぶ文化商品となり、東アジアにおける日本の文化的プレゼンスを高める一要素となっている。[増田 聡]
『田家秀樹著『読むJ-POP――1945―1999私的全史 あの時を忘れない』(1999・徳間書店) ▽佐藤良明著『J-POP進化論――「ヨサホイ節」から「Automatic」へ』(平凡社新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Jポップの関連キーワードJEIDA頭文字JTAR0CJKCJKVPとろFLJHAJRSF

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Jポップの関連情報