LORAN(読み)ロラン

翻訳|loran

デジタル大辞泉の解説

ロラン【LORAN】[long range navigation]

long range navigation》船舶や航空機で、二つの送信局から送られる電波を受信し、その到達時間の差の計測により、現在位置を求める装置。また、それを使う航法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

LORAN【ロラン】

long range navigationの略。航空機や船舶用の長距離電波航法援助システムで,双曲線航法システムの代表的なもの。通常一つの主局と二つの従局が1組になり,主局が発する電波パルスを,従局が受けて再発信し,これを航空機や船舶で受信,ディスプレー上で主従両局のパルス間の時間差を測定する。同一の時間差を生ずる位置の軌跡は双曲線になるが,あらかじめこの双曲線を記載したロランチャート上で,2組の軌跡を求め,その交点から簡単に正確な位置が決定される。2MHzの中波を用いるロランA,100kHzの長波を用いるロランCがあり,後者は1000カイリ以上の遠距離でも使え,精度もより高い装置が簡便で数百カイリの長距離に使えるため,極東地域や米大陸沿岸の主要航法装置だったが,米国がGPS(衛星測位システム)に切り換えたため,日本周辺のロランC運用は海上保安庁が引き継いだ。→DECCA電波航法
→関連項目航海計器双曲線航法電子兵器電波標識

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のLORANの言及

【電波航法】より

…双曲線航法を測定する信号特性別に分類すると,時間差測定方式と位相差測定方式に分類される。前者には約2MHzの中波を用いるロランAおよび約100kHzの長波を用いるロランCがあり(ロランLORANはlong range navigationの略),後者には約100kHzの長波を用いるデッカDecca,約10kHzの超長波を用いるオメガがある。これらは船舶のみならず航空機でも利用されるが,航空機の場合,オメガを用いた航法をオメガ航法と呼ぶことがある。…

※「LORAN」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android