LT貿易(読み)エルティーぼうえき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

LT貿易
エルティーぼうえき

1962年 11月9日に中国代表の廖承志と日本の民間代表である高碕達之助が北京で取決めた覚え書 (備忘録) に基づく日中総合貿易の通称。 LTは両者の頭文字を取ったもので,LT貿易は友好貿易と並んで無条約下の日中貿易の中心となってきた。 68年3月からは1年の期限付き日中覚書貿易と改称し政治動向に左右され不安定ではあったが存続し,日中国交回復後の日中貿易協定の成立でその役割を終えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

LT貿易の関連情報