コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PCM ぴーしーえむ

8件 の用語解説(PCMの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

PCM

パルス符号変調の略。アナログの音声データを符号化、復号化する方式のひとつで、音楽CDWAVファイルなどで利用されている。アナログ信号の音を一定時間ごとにサンプリングし、量子化してデジタル信号化したもの。PCMは、標本化周波数(単位kHz)、量子化ビット数(単位bits)で表される。それぞれ数値が大きいほど、品質がよい。PCMを再生する装置をPCM音源と呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

PCM

音声をデータ化する方式のひとつで、圧縮処理はまったくしないものです。そのため、データ量がMP3などと比べると数十倍と大きくなりますが、各種方式で圧縮されたデータと比較すると原音により忠実です。データの表現方法を変えることで記録されるデータの量を減らした「ADPCM」という方式もあります。

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ピー‐シー‐エム【PCM】[pulse code modulation]

pulse code modulation》音声・映像などのアナログ信号を、パルスの列に置き換えてデジタル信号にする方式の一。信号をサンプリング周波数で一定時間ごとに分割し、振幅の大きさを量子化ビット数に対応するパルスに変換する。ひずみ・雑音が少ないのでオーディオや放送に用いられる。パルス符号変調

ピー‐シー‐エム【PCM】[phase change memory]

phase change memory》⇒相変化メモリー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

PCM【ピーシーエム】

パルス符号変調pulse code modulationの略。→符号通信
→関連項目変調

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

PCM

〖pulse code modulation〗
パルス変調方式の一。周期的パルスの振幅・幅・位置などは変えず、信号波の振幅に応じて、パルスの有無の組み合わせなどの符号化された信号にする。ひずみが少なく、雑音がない。パルス符号変調。 → サンプリングADPCM

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

PCM
ピーシーエム

パルス変調」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

PCM
ぴーしーえむ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のPCMの言及

【パルス符号変調】より

…音声などのアナログ信号の振幅値をいったん二進符号に変換した後,パルス振幅の変化(例えばパルスの有無など)により表現することをいう。英語の頭文字をとってPCMと略称される。基本的な考え方は1937年フランスのレーブA.H.Reevesによって発明されたが,実用に供されるようになったのは真空管の時代を経てトランジスターが普及し始めた1960年代初頭のことである。…

【多重通信】より

… 以上は,PAM信号による時分割多重化の考え方であるが,他のパルス変調方式を用いた多重化も可能である。実用的に重要な方式は,パルス符号変調pulse code modulation(PCM)された信号による時分割多重通信である。PCM方式は,信号の標本値(PAM信号)を一定桁数の二進数で表し,各桁の数値(0あるいは1)を順次伝送する方式であって,具体的には,1,0をパルスの有無として伝送するのがふつうである。…

【パルス符号変調】より

…音声などのアナログ信号の振幅値をいったん二進符号に変換した後,パルス振幅の変化(例えばパルスの有無など)により表現することをいう。英語の頭文字をとってPCMと略称される。基本的な考え方は1937年フランスのレーブA.H.Reevesによって発明されたが,実用に供されるようになったのは真空管の時代を経てトランジスターが普及し始めた1960年代初頭のことである。…

※「PCM」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

PCMの関連キーワードプルスDEAD OR ALIVE 5

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

PCMの関連情報