コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PLO ぴーえるおー/PLOPalestine Liberation Organization

知恵蔵の解説

PLO

パレスチナ解放機構」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ピー‐エル‐オー【PLO】[Palestine Liberation Organization]

Palestine Liberation Organization》パレスチナ解放機構。1964年、パレスチナ解放組織の統合機関として結成。1974年のアラブ首脳会議でパレスチナ人の唯一の正当な代表として承認され、国連オブザーバー組織の資格を得た。1993年、イスラエルとの間で相互承認を行い、パレスチナ暫定自治協定に調印、ヨルダン川西岸地域およびガザ地区に自治政府を組織することが認められた。2004年、最高指導者アラファト議長が死去、穏健派のアッバースが後任に就いた。→パレスチナオスロ合意

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

PLO【ピーエルオー】

パレスティナ解放機構Palestine Liberation Organizationの略称。パレスティナを追われ離散したパレスティナのアラブ(パレスティナ人)の政治組織。
→関連項目アッバスイェリコ(地名)イスラエルガザシャロンハマースパレスティナ自治政府ファタハ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピーエルオー【PLO】

パレスティナ解放機構Palestine Liberation Organizationの略称。アラビア語ではMunaẓẓama al‐Taḥrīr al‐Filasṭīnīya。1948年のイスラエル国家誕生(イスラエル国)とその後のアラブ・イスラエル紛争によってパレスティナを追われ離散したパレスティナのアラブ(パレスティナ人)たちの,父祖の地パレスティナへの帰還と自決を実現しようとする政治運動組織の合同体。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

PLO

〖Palestine Liberation Organization〗
パレスチナ解放機構。反イスラエル解放組織の統合機関として結成、1974 年アラブ首脳会議でパレスチナ人を代表する唯一の政治機構と公認され、国連オブザーバーの資格を得た。

PLO

〖price lifting operation〗
価格吊り上げ操作。株価低迷時に、価格を上げるため政府による介入がなされているといわれ、その政策・操作の通称。 → PKO

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

PLO
ぴーえるおー

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のPLOの言及

【パレスティナ問題】より

…(4)パレスティナ問題の展開の第2期。パレスティナ人の民族的主体性の形成の段階,すなわちパレスティナ解放機構(PLO)の組織に体現されたパレスティナ民族主義の成立・展開期。(5)パレスティナ問題の展開の第3期。…

【パレスティナ問題】より

…(4)パレスティナ問題の展開の第2期。パレスティナ人の民族的主体性の形成の段階,すなわちパレスティナ解放機構(PLO)の組織に体現されたパレスティナ民族主義の成立・展開期。(5)パレスティナ問題の展開の第3期。…

※「PLO」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

PLOの関連キーワードパレスチナ解放人民戦線アル・アクサ殉教者旅団アブド・アルハーディーアブド・アルハーディー中東戦争とパレスチナパレスティナ解放機構モザイク国家レバノンパレスティナ暫定自治ファルーク カドウミパレスチナ・ゲリラ国連でのパレスチナマフムド アッバスブラック・パンサーパレスチナ国家問題アフマド クレイナエフ ハワトメアブ・ニダル組織F. カドゥミZ. モーセンシモン ペレス

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

PLOの関連情報