PPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)

マーケティング用語集の解説

PPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)

複数の製品に対して、経営資源の配分や戦略目標の策定などを行うこと。ボストンコンサルティンググループが提唱したマトリクスが有名。
PPMマトリクスでは市場の成長率と相対的マーケットシェアを基軸に、自社製品のポジショニングを分析、評価します。
市場のポジションは以下の4種類に分類することができます。
・花形商品(市場成長大、シェア大)
急成長する市場に伴って設備投資が必要なため、キャッシュアウトも多いが、将来的には「金のなる木」へとポジションを移し収益の中心商品となる。
・金のなる木(市場成長小、シェア大)
シェアが高く、成熟市場のため大きな設備投資も必要がないため収益の中心をなす製品である。
・問題児(市場成長大、シェア小)
急成長する市場のため大きな設備投資が必要だが、市場シェアを確保していないため、キャッシュアウトのほうが大きい状態。市場シェアの確保が重要課題となる。
・負け犬(市場成長小、シェア小)
大きな収益源になる可能性は低い。

出典 (株)マインズマーケティング用語集について 情報

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android