コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

QWL キューダブリュエルquality of working life

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

QWL
キューダブリュエル
quality of working life

勤労生活の質ともいわれ,勤労者の職場における労働のあり方をより人間に適したもの,豊かな社会に適したものに変えるための諸方策に付けられた総称。 1970年代に,アメリカの自動車産業を中心に,高賃金の下での単調作業や専制的監督方式に対する不満が高まり,その対策としてベルトコンベヤー方式に代えグループ生産方式を採り入れ,職務内容を拡大・充実させることが提唱された。それらは労働生産性を高めると同時に,勤労者の仕事に対する満足度を高めることになった。この職務満足の増大により,人生および社会生活への生きがいも高まる結果になる。日本でも労働時間の短縮と結び付いて注目されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

人材マネジメント用語集の解説

QWL

・quality of working life 労働者の労働生活の質
・近代産業以降、労働の機械化、標準化、画一化の推進により、仕事に人が適応していくことが推進されてきたが、その結果、人間性の喪失、健康・精神衛生上の問題等多くの課題が発生してきている。その反省から、人間性の回復を図り、人間が人間らしく仕事ができるよう仕事の質を向上させる取り組み(QWL)が提唱された。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

世界大百科事典内のQWLの言及

【コンベヤシステム】より

…その反面,作業のペースを規制し,細分化された単純繰返し作業のため,単調感とか人間疎外感に結びつく面があり,それが作業者の欠勤とか離職につながることもある。このような問題は,働きがいとか労働生活の質quality of work(ing) life(略称QWL)とかの観点から再検討されている(生活の質)。また従来の線列的な作業集団を分割して,いくつかの作業集団を構成し,それぞれの作業集団の自主管理活動に期待するような試みも行われている。…

【労働の質】より

…〈労働生活の質〉とも訳され,QWLと略称される。労働者の稼得する賃金所得の多寡を究極的関心事とする伝統的労働問題観に対して,おもに仕事のやりがいや働きやすい作業組織のあり方など労働者の職場生活の質的側面を重視する労働問題観,あるいはそれに基づく施策をいう。…

※「QWL」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

QWLの関連キーワード労働の質