コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RNAワールド アールエヌエーワールドRNA world

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

RNAワールド
アールエヌエーワールド
RNA world

RNA (→リボ核酸 ) を遺伝子とする原始生命世界のこと。地球上の生物が現実に住んでいる世界 (DNAワールド) が出現する以前に,この地球上に存在していたと想定され,生命の起源や生物進化と関連して関心が高まっている。 RNAは遺伝子であると同時に酵素的な働きなどもある多機能の RNAであったと考えられている。アメリカ,コロラド大学の T.チェックらが,酵素的作用をもち,蛋白質の助けを借りずに自分自身のイントロンスプライシングを行う RNAを発見したのを契機に,RNAワールドをめぐる議論は現実味を帯びてきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アールエヌエー‐ワールド【RNAワールド】

地球上における生命誕生初期、RNA(リボ核酸)のみが生命体の中心として遺伝情報を担い、酵素の活性を行っていたという仮説。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

RNAワールドの関連キーワードセルフ・スプライシング

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android