UHF(読み)ユーエイチエフ

百科事典マイペディアの解説

UHF【ユーエッチエフ】

ultra high frequencyの略。極超短波とも。波長1〜0.1m,周波数300〜3000MHzの電磁波VHFに比べて光の性質が強く,見通しのきかない建物や山の裏側には到達しにくい。テレビジョン放送移動通信などに用いられる。
→関連項目電波マイクロ波UHF放送

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユーエッチエフ【UHF】

ultrahigh frequencyの略。周波数300MHzから3000MHzまでの電波の呼称。VHFに比べて,さらに光の性質が強まり,建物の裏側や小高い丘の裏側には,ほとんど回り込まなくなる。テレビ放送(UHFテレビ),固定通信,自動車電話などに利用されている。電波宮川 洋】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

UHF
ゆーえいちえふ

ultra high frequencyの略称。電波を利用上の便宜から区分したものの一つ。国際電気通信連合(ITU)憲章に付属する無線通信規則により、周波数300メガヘルツを超え、3000メガ(3ギガ)ヘルツ以下の周波数帯をいう。波長で表せば1メートルから10センチメートルの範囲で、デシメートル波に区分され、一般に極超短波とよばれる。VHF(メートル波)よりも高い周波数帯域で、位相変調(PM:phase modulation)を使用するデジタル化した高速度通信が可能である。[石島 巖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ユー‐エッチ‐エフ【UHF】

〘名〙 (ultrahigh frequency の略) 三〇〇~三〇〇〇メガヘルツの周波数の電波。テレビ放送、近距離通信などに使用されている。極超(ごくちょう)短波。
※問答有用(1951‐61)〈徳川夢声〉田中角栄「カラー・テレビとか、UHF(極超短波)とか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

UHFの関連情報