コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

XO醤 エックスオージャン

3件 の用語解説(XO醤の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エックスオー‐ジャン【XO醤】

干し貝柱、干しエビ、トウガラシなどとブランデーで作った中華調味料。香港(ホンコン)で1980年代ごろ作られたもので、名称はブランデーの最高級を表すXOから。そのまま食べたり料理の味つけに用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

XO醤【エックスオージャン】

中国調味料の一種。香港で作られたうま味調味料で,材料に干し貝柱や干しエビ,中国ハム,トウガラシ,ダイズ油などが使われている。佃煮状になっており,魚介類の炒め物や煮物などに加えたりするほか,食卓調味料としても使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

エックスオージャン【XO醤】

中国料理の調味料の一つ。干し貝柱・金華ハム・干しえびなどの高級食材をふんだんに使ったペースト状のもの。調味料にするほか、そのまま酒の肴(さかな)やかゆの薬味にする。◇ブランデーで、熟成年数が長く最高級の等級であることを示す「XO(extra old)」から。調味料の最高峰の意。1980年代に中国・香港のホテル「ザペニンシュラ香港」の広東料理レストランシェフが考案したとされる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

XO醤の関連キーワードオイスターソース隠し味辣油豆板醤干し鮑割下風味調味料蝦醤豆板醤/豆瓣醤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

XO醤の関連情報