あおり運転(読み)あおりうんてん

知恵蔵miniの解説

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当する。車間距離を極端に詰めるあおり運転は道路交通法違反であり、高速道路での違反の場合は3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金、一般道での違反の場合は5万円以下の罰金などの罰則が科される。あおり運転によって交通事故を引き起こし、相手や第三者を死傷させた場合には危険運転致死傷罪が適用され、負傷事故で最長15年以下、死亡事故で最長20年以下の懲役に処される可能性がある。

(2017-10-17)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あおり運転の関連情報