コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動車運転死傷行為処罰法 じどうしゃうんてんししょうこういしょばつほう

知恵蔵miniの解説

自動車運転死傷行為処罰法

自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」の通称。2013年11月20日成立、14年5月20日施行。悪質な運転による人身事故罰則を強化するために制定された。同法では、アルコール薬物、幻覚・発作を伴う特定の病気の影響による死亡事故を懲役15年以下、負傷事故を懲役12年以下とする罰則を新設。危険な速度での一方通行路の逆走や歩行者天国での暴走などを、懲役20年以下の罰則の適用対象に追加。アルコールや薬物の影響で死傷事故を起こした際、その発覚を免れるために行った逃走などの行為を12年以下の懲役に処する罰則や、無免許運転で人身事故を起こした場合に罰則をより重くする規定も新たに設けられた。

(2014-5-21)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

じどうしゃうんてんししょうこうい‐しょばつほう〔ジドウシヤウンテンシシヤウカウヰシヨバツハフ〕【自動車運転死傷行為処罰法】

《「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」の略称》悪質で危険な自動車の運転によって人を死傷させた場合の罰則について定めた法律。危険運転致死傷罪過失運転致死傷罪過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪などを規定。平成25年(2013)11月成立。平成26年(2014)5月施行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自動車運転死傷行為処罰法
じどうしゃうんてんししょうこういしょばつほう

悪質・危険な運転で死傷事故を起こした運転者への罰則を強化した法律。正式名称は「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」(平成25年法律第86号)。2013年(平成25)11月に成立・公布され6か月以内に施行される。これまでは自動車の危険運転で死傷事故を起こした場合、刑法の危険運転致死傷罪(最高刑は懲役20年)が適用された。しかし厳罰に処すためには、その事故が「正常な運転が困難な状態(多量の飲酒など)」ゆえに引き起こされたという、因果関係の証明が必要であるが、これがむずかしく、自動車運転過失致死傷罪(最高刑は懲役7年)が適用されることが多かった。これに対し、被害者遺族などからは量刑の差が大きすぎるとして、法の改正が求められていた。そこで新法では、アルコールまたは薬物の影響がある状態や幻覚、発作、意識障害などを起こす特定の病気(政令で指定)のために「正常な運転に支障が生じるおそれがある状態」で死傷事故を起こした場合、本人の認識とは関係なく、傷害で最高12年、死亡で最高15年の懲役とする規定が設けられた。また、飲酒運転であることを隠すために、事故後にさらに飲酒してごまかした者や、逃走した者に対しては「過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪」(最高刑は懲役12年)が新設された。また通行禁止道路の走行や無免許運転による事故、ひき逃げなどに対する量刑も強化された。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

自動車運転死傷行為処罰法の関連キーワード議員連盟

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自動車運転死傷行為処罰法の関連情報