コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いじめ防止対策推進法 イジメボウシタイサクスイシンホウ

デジタル大辞泉の解説

いじめぼうしたいさくすいしん‐ほう〔いぢめバウシタイサクスイシンハフ〕【いじめ防止対策推進法】

学校におけるいじめの防止・早期発見・対処のための基本理念、いじめの禁止、関係者責務などを定めた法律。平成25年(2013)施行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

いじめ防止対策推進法

大津市の中2男子が2011年にいじめで自殺した事件を機に、自民、公明民主など6党が法案共同提出して成立した。被害者が苦痛を感じるものを全ていじめと定義複数教職員専門家が情報共有して対応する「対策組織」の学校での常設や、自殺や不登校などは第三者委員会で調べることなどを義務づけた。

(2016-10-06 朝日新聞 朝刊 教育1)

いじめ防止対策推進法

大津市でいじめを受けた中学2年の男子生徒が自殺した問題をきっかけに、2013年に制定された。いじめを「心理的または物理的行為で心身の苦痛を感じるもの」と幅広く定義。学校はいじめの早期発見に努めることや、心身や財産に重大な被害が生じた疑いがあれば速やかに調査し、対策をとることなどを定めた。

(2017-05-15 朝日新聞 朝刊 横浜・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

いじめ防止対策推進法
いじめぼうしたいさくすいしんほう

2011年(平成23)10月に起きた滋賀県の中学生の自殺事件をきっかけに、いじめの調査や防止対策を徹底するよう定めた法律。平成25年法律第71号。2013年6月に与野党の議員立法で制定され、同年9月に施行された。小中高等学校と高等専門学校において、同じ学校に在籍するなど一定の人的関係にある他の児童・生徒による心理的または物理的な影響を与える行為(インターネット上のものを含む)で、対象となった児童・生徒が心身の苦痛を感じているものを、いじめと定義する。さらにいじめを明確に禁止し、とくに(1)心身や財産に重大な被害が生じた疑いがある、(2)児童・生徒が1か月以上の不登校になる、という場合を「重大事態」としている。重大事態が起きた際には、学校や教育委員会に弁護士や医師などの中立的第三者が参加する調査組織を設け、迅速に事実関係を調べて文部科学省や地方公共団体へ報告するよう義務づけた。被害者側にも適切に情報提供し、個人情報保護を理由にいたずらに説明を怠ってはならないとした。いじめが犯罪行為と認められる場合は警察と連携し、重大な被害のおそれがある場合はただちに警察に通報することや、陰湿化しているとされるインターネットなどを使ったいじめ対策の推進も盛り込んだ。学校現場で同法を運用する際の指針となる「いじめ防止基本方針」の策定を、国と学校に義務づけ、地方公共団体には努力義務とした。学校には、教員のほか心理学や福祉の専門家らで構成するいじめ防止対策推進協議会を設置するよう義務づけた。また地方公共団体は、学校、教育委員会、児童相談所、法務局、警察などといじめ問題対策連絡協議会を設けることができるとし、いじめの早期発見や防止に力点を置いている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

いじめ防止対策推進法の関連キーワード二つの第三者機関いじめの定義大津市苛め

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いじめ防止対策推進法の関連情報