コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おしら信仰 おしらしんこう

2件 の用語解説(おしら信仰の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

おしら信仰【おしらしんこう】

東北地方における家の神の信仰。約1尺の一対の棒に男,女,家畜などを描いた頭をつけ,オセンダクと称する布片を幾重にも着せる。いたこがこれを手に取って祭文を語るのをオシラサマアソバセという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おしらしんこう【おしら信仰】

東北地方に分布する家の神(屋内神)の信仰。桑の木などの木の先に,男女2体の顔や馬などの顔を彫刻または墨がきしたものにオセンダクと称する衣装を包頭形もしくは貫頭形に着せて,家の中の神棚の祠に納めまつったものをオシラ様もしくはオシラボトケという。福島県のオシンメイ様や岩手・山形両県にみられるオクナイ様も同系統の神であろう。村の草分け的な旧家にまつられていることが多いが,イタコなどの宗教者が所有していることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone