コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お三輪 おみわ

3件 の用語解説(お三輪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

お三輪
おみわ

歌舞伎舞踊曲。常磐津。本名題『願糸縁苧環 (ねがいのいとえにしのおだまき) 』。天保4 (1833) 年江戸河原崎座初演。近松半二作の義太夫妹背山婦女庭訓 (いもせやまおんなていきん) 』4段目の「道行恋苧環」 (「妹背山道行」) を常磐津に改作したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お三輪 おみわ

浄瑠璃(じょうるり)「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」の登場人物
大和(奈良県)の酒商杉屋の娘。藤原鎌足(かまたり)の嫡男で出家した淡海に恋をする。藤原一族が蘇我入鹿(そがの-いるか)を討つためには,自分の死が役立つとおもい命をたつ。明和8年(1771)大坂竹本座で初演され,のち歌舞伎にもうつされた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おみわ【お三輪】

歌舞伎舞踊。義太夫,富本,常磐津。人形浄瑠璃妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)》の四段目《道行恋のをだまき》から歌舞伎に移されたもの。富本《道行恋苧環》は1815年(文化12)9月江戸中村座初演。作曲鳥羽屋里長。常磐津《願糸縁苧環(ねがいのいとえにしのおだまき)》は33年(天保4)7月江戸河原崎座初演。作詞宝田寿助。作曲岸沢市造烏帽子折求女(もとめ)実は藤原淡海をめぐる入鹿の妹橘姫,杉酒屋の娘お三輪の恋争いが見どころ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

お三輪の関連情報