コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お三輪 おみわ

3件 の用語解説(お三輪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

お三輪
おみわ

歌舞伎舞踊曲。常磐津。本名題『願糸縁苧環 (ねがいのいとえにしのおだまき) 』。天保4 (1833) 年江戸河原崎座初演。近松半二作の義太夫妹背山婦女庭訓 (いもせやまおんなていきん) 』4段目の「道行恋苧環」 (「妹背山道行」) を常磐津に改作したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お三輪 おみわ

浄瑠璃(じょうるり)「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」の登場人物
大和(奈良県)の酒商杉屋の娘。藤原鎌足(かまたり)の嫡男で出家した淡海に恋をする。藤原一族が蘇我入鹿(そがの-いるか)を討つためには,自分の死が役立つとおもい命をたつ。明和8年(1771)大坂竹本座で初演され,のち歌舞伎にもうつされた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おみわ【お三輪】

歌舞伎舞踊。義太夫,富本,常磐津。人形浄瑠璃妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)》の四段目《道行恋のをだまき》から歌舞伎に移されたもの。富本《道行恋苧環》は1815年(文化12)9月江戸中村座初演。作曲鳥羽屋里長。常磐津《願糸縁苧環(ねがいのいとえにしのおだまき)》は33年(天保4)7月江戸河原崎座初演。作詞宝田寿助。作曲岸沢市造烏帽子折求女(もとめ)実は藤原淡海をめぐる入鹿の妹橘姫,杉酒屋の娘お三輪の恋争いが見どころ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

お三輪の関連キーワード義太夫山姥物操り狂言歌舞伎浄瑠璃義太夫狂言浄瑠璃狂言祇園守太夫常磐津一巴太夫常磐津千東勢太夫浄瑠璃物

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

お三輪の関連情報