コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お染 おそめ

世界大百科事典 第2版の解説

おそめ【お染】

歌舞伎舞踊。清元。本名題《道行浮塒鷗(みちゆきうきねのともどり)》。作詞4世鶴屋南北。作曲清元斎兵衛。振付4世西川扇蔵。1825年(文政8)11月江戸中村座初演。お染を岩井紫若(7世半四郎),久松を岩井粂三郎(6世半四郎),猿回しを7世市川団十郎。顔見世狂言《鬼若根元台(おにわかこんげんぶたい)》の一幕で,お染・久松の情話を題材にした舞踊・音楽の代表曲。二人の道行があってお染のクドキ,猿回しの意見など,見どころが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おそめ【お染】

歌舞伎舞踊。清元。本名題「道行浮塒鷗みちゆきうきねのともどり」。四世鶴屋つるや南北作詞。1825年江戸中村座初演。お染久松の舞台を江戸にうつしかえたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のお染の言及

【新版歌祭文】より

…1780年(安永9)9月大坂竹本座初演。和泉国の侍相良丈太夫の遺児で野崎村の百姓久作に養育された久松が,奉公先の大坂の質店油屋の娘お染との許されぬ恋のために心中するに至るという経緯を主筋とし,それに久松の主家の宝刀の詮議,悪人たちによる金の横領,久松の許嫁お光の悲恋等々のプロットを絡めて展開させたもの。先行する紀海音の浄瑠璃《おそめ久松 袂の白しぼり》や菅専助の《染模様妹背門松》を踏まえて脚色された作品で,お染久松物の代表作となっている。…

【清元延寿太夫】より

…美音家で鳴らし,世に〈名人太兵衛〉といわれた。初演した語り物に《お染》《落人》《神田祭》など。三味線は初世斎兵衛,初世栄次郎が弾いた。…

※「お染」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

お染の関連キーワード片落とし・片落し付け込む・付込む於染久松色読販お染久松色読販染模様妹背門松中田嘉右衛門河原崎國太郎袖褄を引くお染・久松鳥辺山心中お染/久松新版歌祭文伊予万歳近松半二麻の葉文承知の幕賃粉切り野崎観音肩を抜く清元節

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

お染の関連情報