コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かさかさ カサカサ

2件 の用語解説(かさかさの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かさ‐かさ

[副](スル)
乾いた物、薄くて軽い物が触れ合う音を表す語。かさこそ。「かさかさ(と)落ち葉を踏んで歩く」
水分や脂気が抜けて滑らかでなく、干からびた感じがするさま。「かさかさした肌」
精神的なゆとりや潤いに欠けているさま。「かさかさした感じの人」
[形動]2に同じ。「高熱が続いて唇がかさかさになった」
[アクセント]サカサ、はカサカサ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かさかさ

[1] ( 副 ) スル
(多く「と」を伴って)乾いたものが触れ合って発する音を表す語。「がさがさ」よりやや軽い感じの音。かさこそ。 「枯れ葉が-(と)音を立てる」
湿り気や油気のないさま。 「 -した肌」
[0] ( 形動 )
乾いて潤いのないさま。 「手が-になる」 「 -のパン」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

かさかさの関連情報