コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かぜに効く、手軽な漢方レシピ かぜにきくてがるなかんぽうれしぴ

1件 の用語解説(かぜに効く、手軽な漢方レシピの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

かぜにきくてがるなかんぽうれしぴ【かぜに効く、手軽な漢方レシピ】

ひきはじめのかぜには、体をあたためる食品をとって、ウイルスを寄せつけないことです。かんたんにできる漢方レシピを紹介します。
《ユリ根とギンナンスープ
ユリ根とギンナンには、せきを鎮める効果があり、このスープもせき止めによく効きます。
作り方
(1)ユリ根5、ギンナン2、シソの実1(ないときはシソの葉で代用)、おろしショウガ1の割合で材料を用意する。
(2)すべての材料を食べやすい大きさに刻み、カップ2杯の鶏ガラスープでやわらかくなるまで煮込む。
(3)塩で味をととのえればできあがり。
《ネギスープ ショウガ入り》
ネギやショウガは発汗をうながして熱を下げたり、体をあたためる働きがあり、かぜのひきはじめに効果があります。
★作り方
(1)鍋に水カップ2杯を入れ、長ネギの白い部分のみじん切り1本分と、おろしショウガひとかけ分(親指大)を加える。
(2)(1)をとろ火で約20分煮込み、味噌やしょうゆで味をととのえればできあがり。
《ナシのホットスープ》
のどの痛みやかわきによく効く、ナシのスープです。
★作り方
(1)ナシ1個分をすりおろし、ふきんジュースを絞る。
(2)(1)を鍋に入れてあたため、あたたかいうちに飲む。好みではちみつを入れてもよい。
《クズ湯》
クズは代表的な漢方薬の1つ、葛根湯の主材料です。体をあたためる作用のあるクズ湯も、初期のかぜに効果があります。
★作り方
(1)お湯であたためておいたカップに、クズ粉(本クズのものを使用)小さじ1杯を入れ、少量の水で溶く。
(2)200ccの熱湯を(1)に注ぎ、透明になるまでかきまぜればできあがり。好みでショウガ汁やはちみつを加えてもよい。
ダイコン湯》
ダイコンはせき止めやたんをだしやすくするのに効果があります。
★作り方
(1)カップ3分の1のダイコンおろしに、おろしショウガを少々加える。
(2)(1)に熱湯を注ぎ、あたたかいうちに飲む。
《体をあたためる おかゆ》
かぜのひきはじめに効果のある野菜をたっぷり使ったおかゆです。
★作り方
(1)米カップ1杯、水カップ2杯半を鍋に入れ、とろ火でやわらかくなるまで煮込んで、おかゆをつくる。
(2)長ネギのみじん切り、シソの葉の千切り、おろしたニンニク、ショウガを(1)に加えて少し煮込み、塩で味をととのえればできあがり。
《ネギスープ 浜納豆入り》
浜納豆には整腸作用があります。このスープも下痢や強い頭痛をともなった、初期のかぜに効果を発揮します。
★作り方
(1)鍋に水カップ2杯入れ、長ネギの白い部分のみじん切り1本分と、浜納豆を適宜加える。
(2)(1)をとろ火で約20分煮込み、味噌やしょうゆで味をととのえればできあがり。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

かぜに効く、手軽な漢方レシピの関連キーワード旧交を温める始動温める暖む打始める引風懐を暖める

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone