コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かたきし カタキシ

デジタル大辞泉の解説

かた‐きし

[副](あとに打消しの語を伴って用いる)まったく。まるっきり。かたっきし。
「諸君、駄目だ、駄目だ、―話にならない」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたきし

( 副 )
(下に打ち消しの語を伴って)少しも。まったく。 「ほれた証拠をいつ見しよと、思や-忘られぬ/洒落本・通言総籬」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

かたきしの関連キーワードかたっきし打消し洒落本片岸

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android