丸で(読み)マルデ

デジタル大辞泉の解説

まる‐で【丸で】

[副]
違いがわからないほどあるものやある状態に類似しているさま。あたかも。さながら。「この惨状は丸で地獄だ」「丸で夢のよう」
(下に否定的な意味の語を伴って)まさしくその状態であるさま。すっかり。まったく。「丸でだめだ」「兄弟だが丸で違う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まるで【丸で】

( 副 )
下に否定的な意味の語を伴って否定の意を強める。まるきり。全然。 「漢字が-読めない」 「 -違う」
どのような点から見てもほとんど同じであるさま。ちょうど。さながら。 「 -嵐のようだ」 「 -子供だ」 → まる(丸)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まる‐で【丸で】

〘副〙 (「まる(丸)(一)(二)③」から)
① まさしくその状態に相当したり、類似したりするさまを表わす語。ちょうど。さながら。あたかも。
※歌謡・落葉集(1704)四・三国玉屋踊「三国玉屋の新兵衛を見たか、三国一のやさ男、まるでまるで繻子の鬢付刷毛長に釣鬢釣鬢、なぜに小鶴は出て待たぬぞ」
※怪談牡丹燈籠(1884)〈三遊亭円朝〉一五「恰(マル)で河岸で鮪でもこなす様に切て仕舞ひました」
② 完全にその状態であることを強めていう語。まったく。
※交易問答(1869)〈加藤弘之〉上「併丸(マル)で初から交易をしなければ」
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉八「全然(マル)で感覚がなくなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸での関連情報