コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸で マルデ

デジタル大辞泉の解説

まる‐で【丸で】

[副]
違いがわからないほどあるものやある状態に類似しているさま。あたかも。さながら。「この惨状は丸で地獄だ」「丸で夢のよう」
(下に否定的な意味の語を伴って)まさしくその状態であるさま。すっかり。まったく。「丸でだめだ」「兄弟だが丸で違う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まるで【丸で】

( 副 )
下に否定的な意味の語を伴って否定の意を強める。まるきり。全然。 「漢字が-読めない」 「 -違う」
どのような点から見てもほとんど同じであるさま。ちょうど。さながら。 「 -嵐のようだ」 「 -子供だ」 → まる(丸)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

丸での関連キーワード助高屋 小伝次(2代目)坂東三津五郎(10代)坂東三津五郎(10世)嵐 芳三郎(5代目)尾上菊之助(5代目)中村翫右衛門(2世)中村鴈治郎(4代)薩摩藩邸焼打ち事件ペルス=ライケン海に生くる人々カッテンダイケ投げ縄ツール沢太郎左衛門南方前池遺跡小川 郷太郎大黒屋光太夫ブラジル移民宇宿彦右衛門大林 静子野上弥生子

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸での関連情報